プロカメラマンに向いていない人

プロカメラマンに向いていない人

世の中には向き不向きという言葉もあります。プロカメラマンにも当然ながら存在しています。ではカメラマンに合っている性格とはどんなのでしょうか?

といっても、必ずしもマッチしていなければいけないということではありません。向いていなくても努力や勉強でカバーできるので安心してくださいね。

カメラマンに向いている性格を紹介していきます。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!

プロカメラマンに向いている性格とは?

カメラマンに向いている性格について紹介していきます。それはどんな性格なのか気になると思うのでみていきましょう。

コミュニケーションが好き

スタジオでの撮影でもロケーション撮影でも、写真撮影をする際には人とのコミュニケーションが必須となります。

物撮りをすることもありますが、その際にも奥にいるお客様がいるのはわかるはずです。

ポートレート撮影をするのであれば、人に指示を的確に伝える必要があります。

仕事柄コミュニケーションが大事になるのでコミュニケーションが苦手だと仕事がスムーズに進みません。

ただ写真を撮ればいいだけと思われがちですが、被写体の魅力を引き出すのもカメラマンの仕事なのでコミュニケーションが得意なほうが向いていると言えるでしょう。

社会人に守れる方

撮影のスケジュールやレタッチの締め切りなどいろいろな約束があります。

カメラマンが現場に遅れてくると、すべてのスケジュールが遅れてしまうということもありえます。

そのような状況を防ぐためにも時間や約束をしっかりと守れるということがとても重要です。また、約束を守れないカメラマンは信頼が失われてしまい仕事をもらえなくなってしまいます。

信用というのはビジネスをするうえで一番大事なので絶対に守りましょう。

プロカメラマンに向いていない性格とは?

逆にカメラマンに向いていない性格とはどういうものなでしょうか。それを見ていくのも大事です。

カメラ以外の仕事をしたくない方

カメラマンになれば自分でSNSやブログをすることが多いです。

仕事に直結しているわけではないので、プライベートの時間を使って作業をすることになります。

そのような作業が嫌という方はカメラマンには向いていません。

もちろん、SNSやブログをやらなくてもカメラマンの仕事はできます。

ただし、仕事をもらえる機会が極端に少なくなってしまうので、おすすめはできません。カメラだけしたい写真だけ撮りたいという方だとその機会がなくなってしまうでしょう。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!
TOPページを見る