一流に触れることとは?

一流に触れることとは?

プロカメラマン養成講座では一流の講師である橘田 龍馬さんのマインドに触れることができます。

ではどうして一流に触れたほうがいいのか?教わるのならどうせ一流のほうがいいじゃないかと思うのは当たり前かもしれませんが、それ以外にも大きな理由があります。

そのことをお伝えしたいと思います。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!

一流に触れた結果はどうなるのか?

一流に触れるのをおそれている人がいます。理由としては一流と呼ばれる人は求めるものが大きいのでそれに応えることが難しいと考えてしまう人です。

実際に有名な熟の講師などはレベルの低い生徒の面倒をみることをしないという例もありますしね。

しかし、一流を知らないとどこが上限なのかわからないですし、自分の成長も止まってしまいます。

例えば、料理にしても一流を知らないで語ってしまったら、幅の狭いと思われてしまいますし、その本質を理解できません。

一流を触れることの重要性

一流と呼ばれるのものはだいたい決まっています。評価されていますし、しっかりと結果も出しています。誰もが一流だと認めていることが大事です

一流の人が発する言葉はそれだけで深みがあります。圧倒的な経験と実績から繰り出される言葉だからです。

一流といわれている人と話せば、まだ自分よりも上がいると感じてさらに成長できるのでマインドが強化されます。

加速的に成長できる

一流にふれることにより、自分もこうなりたいと思うようになるので成長が早くなります。ノウハウを提供してくれるのですからね。

一流になった人は一流になるためには失敗したことも多々あるのでしょう。

その分は試行錯誤の結果とはいえ時間はもったいないですし、気持ち的に嫌になることもあるでしょう。

そんなことをなくして確実に糧になるものだけを提供してもらえるので、成長は早くなるのは当たり前ですよね。

自分だけだったら試行錯誤している間にタイムオーバーになってしまうのに、先人の知恵で成功に行けるのはメリットです。

一流のマインドとは?

一流になるためには色々な条件がありますが、最短でいくのなら一流の人から教えを聞いたほうが早いです。これはどんな分野でも同じことです。

プロ野球選手だって教えてもらう人がいなければプロになれませんしね。

それだけ教えてもらう人が大事なわけです。

だからこそ一流のカメラマンであり、一流の講師でもある橘田 龍馬さんの存在というのは貴重なのです。

2つの分野で一流になっているわけですからね。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!
TOPページを見る