プロカメラマンの心構えとは?

プロカメラマンの心構えとは?

プロカメラマンになるとプロ意識が当然ながら湧いてきます。しかしプロになるとは意識はどうやって変化していくのでしょうか?

プロとアマチュアの違いがわかればいざ自分がプロカメラマンとしてデビューするときにどういう心構えをしていればいいのかわかると思います。

それではプロとアマチュアの心構えのついて調べていきましょう。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!

プロとアマチュアの違いはあるのか

プロとアマチュアの違いをざっくりと言うとプロというのは、それを生業としお金を貰いながらサービスを提供する人です。アマチュアというのは単純に言うとそれ以外の人です。

技術的なことになるとサービスを受ける方が満足するパフォーマンスを安定して継続的に打ち出せるのがプロ。

一定のクオリティは打ち出せるが、仕上がりにはムラがあるのがアマチュアという認識です。

当然ながら仕上がりにムラがあると仕事が来なくなる可能性が高くなるので、その仕事である程度食事ができるのがプロと言えるでしょう。

明確なテクニックの違いはあるのか

写真を撮る技術がプロとアマを分ける要素だと勘違いしている人もいるかもしれません。結論からいえば写真を撮るテクニックは全く関係ないです。

写真を撮る技術がプロ並みに上手くても、それで仕事がないお客さんから評価されなければ上手いアマチュアと判断されます。

逆にアマチュアであっても写真を撮る技術の高い人はゴロゴロいます。

最近はではインスタグラムやブログなどで誰でも写真を投稿できます。

そういった人の中には、それこそ「プロ顔負け」のスキルを持った者も多数存在し、写真の投稿をきっかけにプロの道へ進むことも少なくないです。

だからテクニックの部分で判断はしにくいですね。それに技術なことであれば何回も練習をすれば誰でも上手くなることは可能です。

それに今は機器も進歩しているのでより一層テクニックで違いをつけるのは難しくなっています。

差をつけるのはどこか

テクニックで差をつけるのが難しいので、何が大事なのかという多くの人に響く写真を撮れるかどうかということになります。

どういう構図であればいいかとかそういうの判断して組み合わせて写真を作る能力ですね。よく言われるのは上手だけでつまらないとか下手だけでおもしろいとかそういうのです。

そういうのはセンスもあるかもしれないが学ぶことでクリアできます。

プロカメラマン養成講座ならプロのセンスを身近に学ぶことができます。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!
TOPページを見る