SNSの重要性

SNSの重要性

SNSはスマホを保有している人ならほとんどやっていると思います。今の時代スマホを持っていない人は少数だと思うので、ほとんど人が触れているはずです。

SNSとは言っても多くのものがあります。具体的にどんな役割があるのかそのあたりを見ていくと迷わなくてすむので、今一度確認していきましょう。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!

SNSとはどういうものか?

ソーシャルネットワーキングサービス、略称SNSは、インターネット上において友人や知人同士の集まりといった社会的なコミュニティを構築するようなサービスのことを指します。

ユーザー同士のコミュニケーションだけでなく、多種多様な情報を生成、かつ双方向に発信・共有することでコミュニティを超えて拡散するような特徴を持っています。

そのため多くの人に情報が爆発的に広がっていきます。

ではSNSとはどんなものがあるのでしょうか。

Facebook

利用者数が世界で最も多いSNSで、言わずと知れたソーシャルメディアの代表的存在「Facebook」。

1ヶ月の間に一回以上利用があったことを示す月間アクティブユーザー数は、全世界で約24億人にも上り、日本でも約2,800万人になっています。

インターネット上で新たな交流関係を結ぶような目的には作られてはいないようで、おもに現実で繋がりのある友人や知人との情報交換、近況報告といったコミュニケーションが目的になっています。

Twitter

日本国内ではLINEに次いで2番目に利用者の数が多いTwitter。月間のアクティブユーザー数は4,500万人、世界全体ですと3億4,000万人にも上ります。10代から20代にかけてユーザーが多いのが特徴です。

投稿できるコンテンツは140文字以内のテキスト、画像、動画などです。

実社会の関係よりも趣味・趣向の合うユーザー同士で繋がる傾向が強いので、実名以外のアカウントも多くみられます。

そのため、繋がるという目的でならば向いているSNSと言えますね。

Instagram

2018年には全世界で月間アクティブユーザー数が10億を超えたInstagram。

爆発的な成長を遂げるSNSは国内においても好調で、日本の月間アクティブユーザー数も3,300万人に達しています。

もはや周知の事実ではありますが、Instagramの持つ独自の性質から、若い女性の利用が目立っています。

写真や動画に加え、ストーリーと呼ばれる24時間で消えるショートムービー、さらにはシークが可能になったIGTVなどが続々実装されています。

Instagramを利用する女性の約7割が投稿されるコンテンツがきっかけになってなんらかの消費行動を起こしたことがあると答えたそうです。

そのため企業も個人も仕事の活動として使っているケースが多いです。

プロカメラマン養成講座
公式HPでお得な情報を更にゲット!
TOPページを見る